​​​​第116回有田国際陶磁展作品の展示は終了しました

今回で116回目となる陶磁展。今回、5年振りに有田町の作家、窯元が両部門の大賞を受賞しました。九州山口だけでなく、他の国内産地からも作品が集まるようになり、質の高い作品による競演となりました。今回は、展示期間を例年より長い5/12まで行いました。

会場へ来られなかった方は、受賞作品の画像を公開していますので、ぜひご覧ください。有国展HPトップ

第116回 有田国際陶磁展ポスター

2019有田国際陶磁展ポスター案

この陶磁展のポスターは、例年有田工業高校デザイン科1年生の、冬休みの課題として原画を制作いただいています。

4/29~5/12までの展示期間中、佐賀県立九州陶磁文化館にて、制作いただいたポスターの原画全作品を展示いたしました。

高校生の若い才能も楽しめます。

産業陶磁器部門の会場移転について

平成30年(2018年)第115回より、有田国際陶磁展(旧:九州山口陶磁展)の産業陶磁器部門会場を、有田商工会議所の移転に伴い佐賀県陶磁器工業協同組合】へ移転しました。旧会議所建物は、昭和44年(1969年)から50年間、会場として使用してきました。

平成31年(2019年)に取り壊されましたが、これまで多くの方にご出品いただき、数々の審査を行ってきた有田商工会議所旧館に感謝します。

有田国際陶磁展会場 地図