4月から障害者差別解消法がスタート

「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律(障害者差別解消法)」が平成28年4月1日から施行されます。
この法律により、行政機関や民間事業者が障害者に「不当な差別的取り扱い」をすることが禁止され、「合理的配慮」をするよう求められます。

  不当な差別的取り扱い 障害者への合理的配慮

行政機関

(国、県、市町など)

禁 止

(してはいけない)

義 務

(しなければならない)

民間事業者

(会社、店など)

禁 止

(してはいけない)

努力義務

(するように努力する)

不当な差別的取り扱いとは?

例(1) 障害を理由にしてサービスの提供や入店を拒否する。
例(2) 本人を無視して、介助者や付き添い者のみに話し掛ける。

合理的配慮とは?

例(1) 耳や目が不自由な方に筆談や読み上げなどを行う。
例(2) 店の出入り口にスロープを設置するなど段差をなくす工夫をする。

みなさんもご協力をお願いします

障害者差別解消法は、行政機関や民間事業者などを対象とした法律で、一般の方が法律に違反しても罰せられることはありませんし、義務も課せられません。しかし、すべての方が障害への理解を深め、助け合うことは大切なことです。

こんなことで困らせてはいけません

施設などの障害者等専用駐車場に駐車する。 など

こんなことでサポートしましょう

車いすの方などへ、高いところに置かれた商品などを代わりに取って手渡す。 など

問い合わせ

健康福祉課 福祉担当
〒844-0027 佐賀県西松浦郡有田町南原甲664番地4
電話:0955-43-2237 ファックス:0955-43-2301

アンケート

このページの内容は分かりやすかったですか?

      

このページは見つけやすかったですか?