児童手当

児童手当とは

児童手当は、家庭等における生活の安定と児童の健やかな成長に資するため、児童を養育している方に支給する制度です。

児童手当の受給対象者

児童手当は、有田町に住所があり、中学校修了前(15歳に到達後の最初の3月31日)までの児童を養育している方に支給します。
(1) 父母が共に児童を養育している場合は、原則として恒常的に所得の高い方(生計中心者)が受給者となります。
(2) 児童養護施設等に入所している児童については、施設の設置者等に支給されます。
(3) 公務員の方は、勤務先から支給されます。
(4) 父母が離婚協議中などにより別居している場合は、児童と同居している方に支給します。

手当の支給月について

原則として、毎年2月(10月~1月分)、6月(2月~5月分)、10月(6月~9月分)の15日(15日が土、日、祝日の場合は、その直前の平日)に、受給者名義の口座に振込みます。

手当額について

対象となる児童1人につき、以下の表の年齢区分等に応じて支給されます。

児童手当支給額

児童手当支給月額
  第1子 第2子 第3子以降
3歳未満 15,000円(一律)
3歳以上小学校修了前

10,000円

10,000円 15,000円
中学生

10,000円(一律)

所得制限超過世帯(特例給付) 5,000円(一律)

※第1子、第2子などの数え方は、18歳に到達した日以降最初の3月31日を迎えるまでの児童(児童養護施設等に入所中の児童を除く)のうち年長者から、第1子、第2子と数えます。

児童手当所得制限限度額 

受給者の扶養親族数

所得制限限度額
0人 622万
1人 660万
2人 698万
3人 736万
4人 774万
5人 812万

請求等の手続きについて

 (1) 出生や転入等により新たに児童手当を受給する場合

子の出生や他の市町村からの転入などにより、手当を受けるためには「認定請求」の手続をする必要があります。下記の書類をご用意の上、出生日、前住所の転出予定日の翌日から15日以内に申請してください。原則として、申請のあった翌月分から児童手当は支給されます。

ア 請求に必要なもの(全員必須)

  • 請求者の印鑑
  • 請求者の厚生年金加入証明書

    ※証明書類は役場住民環境課にあります。

    ※国民健康保険加入者(国民年金加入者)は不要

  • 請求者名義の預金通帳

イ 各請求者に応じて必要なもの

  • 児童が請求者と別居している場合……別居している児童の住民票謄本(本籍・続柄有)
  • 町外から転入してきた場合…請求者の児童手当用所得証明書 ※

※1月1日現在で有田町に住民票がなかった場合は、手続きの際に請求者の児童手当用所得額証明書が必要となります。なお、配偶者の所得証明書も必要になる場合がありますので、詳しくは下記までおたずねください。

(2) 現況届

手当を受給している方は、受給資格の確認のため、毎年6月に「現況届」の提出が必要になります。対象者には現況届を送付しますので、必ずご提出ください。

(3) その他の届出

次の事由に該当するときは速やかに届出をしてください。届出によって必要書類等が異なりますので、下記までお問い合わせください。

  • 監護要件等がなくなり、支給対象となる児童が減ったとき(手当の額が減るとき)
  • 監護要件等がなくなり、支給対象となる児童がいなくなったとき(手当の支給が終わるとき)
  • 児童が受給者と別居したとき
  • 受給者名義の振込口座を変更するとき
  • 受給者がお亡くなりになったとき
  • 受給者が公務員になったとき、または受給者が公務員でなくなったとき
  • 受給者が町外へ転出するとき

問い合わせ

有田町役場 住民環境課(住民)
〒849-4192 佐賀県西松浦郡有田町立部乙2202番地
電話:0955-46-2114 ファックス:0955-46-2100

アンケート

このページの内容は分かりやすかったですか?

      

このページは見つけやすかったですか?