有田の夏

今年の夏は例年以上というか、今までにない酷暑続きです。さすがに山の中の拙宅でもクーラーを入れる回数が増えましたが、それでも朝はどことなく冷気が漂っています。

ところで、有田の夏といえば「ぎおん・祇園」に代表される地域の祭りではないでしょうか。各地の産土神を祭る神社の境内には、提灯やその他の飾りつけなどを地域の皆様が汗を流して準備されています。

ただ、最近ではその飾りつけなどを担当する人が少なくなったからでしょうか、随分と様変わりしてきました。(尾)が有田町に職を得た昭和50年代は、まだまだ各地で盛んに祇園祭が行われていました。特に中の原地区では、川飾りという張りぼての人形などを製作して川の中に飾っていました。いつ頃から行われていたかは不明ですが、戦時中などは時代にあった戦意高揚を意識した張りぼてが作られていたようです。今ではそれもなくなり、少し寂しくなった夏の祭りですが、昔の人々の暑い夏を凌ぐための知恵が産み出した祭りではなかったでしょうか。(尾)H28.8.9

kawa1 kawa2
戦時中① 戦時中②
kawa3 kawa4
昭和28年 両町合併 昭和39年 祝東京オリンピック

 

問い合わせ

文化財課 歴史民俗資料館
〒844-0001 佐賀県西松浦郡有田町泉山一丁目4番1号
電話:0955-43-2678 ファックス:0955-43-4185

アンケート

このページの内容は分かりやすかったですか?

      

このページは見つけやすかったですか?