扶養されていた人の国民健康保険税の軽減(手続きが必要です)

社会保険などの被用者保険に加入していた人が75歳になり後期高齢者医療保険に移行する場合、その人に扶養されていた人(配偶者や子どもなど)は資格を失 い、国民健康保険に加入することがあります(以下旧被扶養者)。その場合の65歳~74歳の人の国民健康保険税は、2年間次の措置が受けられます。(被扶養者の期間に保険料がかからなかったのに対して国民健康保険税を新たに負担することへの軽減です。制度創設後に75歳に到達する場合も軽減の対象になります)

所得割 旧被扶養者の所得にかかわらず賦課されません。
均等割 均等割は半額になります。(7割軽減と5割軽減に該当する場合を除く)
平等割 旧被扶養者のみで構成される世帯は、平等割も半額になります。(ただし、7割軽減と5割軽減に該当する場合を除く。2割軽減の場合は3割を軽減)

手続き方法

国民健康保険の加入手続きの際に、職場の健康保険の被扶養者でなくなった証明書と印鑑を持参し、住民環境課に届出てください。その際に減免申請書を記入していただきます。

問い合わせ

有田町役場 税務課
〒849-4192 佐賀県西松浦郡有田町立部乙2202番地
電話:0955-46-2736 ファックス:0955-46-2100