後期高齢者医療制度に加入されている方へ

後期高齢者医療制度は、法律により2年ごとに保険料率を改定することになっています。

保険料の計算方法

保険料は、被保険者1人あたりいくらと決められる「被保険者均等割額」と、被保険者の所得に応じて決められる「所得割額」を合計した金額です。
後期高齢者医療保険料計算方法

所得の低い方などへの保険料の減額

被保険者均等割額

世帯主の所得などにより、表のように減額されます。

世帯の被保険者全員および世帯主の総所得金額等の合計額

軽減後の額(年額) 軽減割合
「基礎控除(33万円)」を超えない世帯で、その世帯の被保険者全員の各所得(年金の場合は、年金収入から80万円を差し引いた額を使用)の合計が0円となる世帯 5,100円 9割軽減
「基礎控除(33万円)」を超えない世帯 7,700円 8.5割軽減
「基礎控除(33万円)+27.5万円×世帯の被保険者数」を超えない世帯 25,900円 5割軽減
「基礎控除(33万円)+50万円×世帯の被保険者数」を超えない世帯 41,400円 2割軽減

所得割額

所得割額を負担する方のうち、賦課のもととなる所得金額(基礎控除後の総所得金額等)が58万円以下の方(年金収入のみの場合の例としては、年金収入が153万円から211万円までの被保険者)は、特例措置により軽減が適用されていましたが、制度の見直しにより、平成30年度以降はこの特例措置は廃止となります。

被用者保険の被扶養者であった方の軽減

後期高齢者医療制度に加入される前日に健保組合、船員保険、共済組合などの被扶養者であった方は、被保険者均等割のみが賦課され、これが5割軽減(年額25,900円)となります。

※被扶養者であった方が、所得の低い方の軽減措置に該当する場合(上記「被保険者均等割額」)、軽減割合の大きい措置が適用されます。

保険料の納め方

年金受給額が年額18万円以上の方

次のいずれかの方法で保険料をお支払いいただきます。

  1. 2か月ごとに支払われる年金からのお支払い
    ※後期高齢者医療制度の保険料と介護保険料を合計したときに年金額の半分を超える場合は、口座振替または納付書でお支払いいただきます。
  2. 被保険者本人、世帯主、配偶者などの口座からのお支払い
    ※税務課、健康福祉課(福祉保健センター)または東出張所で手続きが必要です。
    ※世帯主、配偶者などの口座からのお支払いに変更された場合、お支払いされた方は確定申告などにより社会保険料控除を受けることができ、世帯としての所得税・住民税が減額となる場合があります。

年金受給額が年額18万円以下の方

口座振替または納付書でお支払いいただきます。

問い合わせ

有田町役場 税務課
〒849-4192 佐賀県西松浦郡有田町立部乙2202番地
電話:0955-46-2736 ファックス:0955-46-2100