医療費の給付

2016年3月31日更新

国民健康保険保険証を医療機関の窓口に提出すれば、費用の一部を支払うことで、治療を受けることができます。

一部負担金の割合

  • 小学校就学前・・・・・・・・・2割
  • 小学校就学後70歳未満・・・・・3割
  • 70歳以上75歳未満・・・・・・・2割(昭和19年4月1日以前の誕生日の方は1割)または3割※

※ 同じ世帯に一定以上の所得(町県民税課税所得145万円以上)の70歳以上の方がいる場合は、3割負担となります。ただし、同じ世帯の70歳以上の被保険者の収入合計が一定基準(70歳以上の被保険者が1人のときは383万円、複数いるときは520万円)以下の場合は、基準収入適用申請で1割負担となります。
入院時には、食費や居住費が別途負担になります。

療養費の支給申請

次のような場合は、いったん全額が自己負担となりますが、申請して認められれば国保負担分が後で支給されます。治療費などを支払った日の翌日から2年以内に申請をしてください。

  • コルセットやギプスなどの治療用装具を購入したとき
  • 急病や旅行中のけがなどで、保険証を持っていかずに医療機関で治療を受けたとき
  • 医師が治療上必要と認めた上で、はり・きゅう、あんま・マッサージの施術を受けたとき
  • 海外旅行中の病気やけがなどで、日本で保険が適用される治療を受けたとき

このほか、被保険者が出産したときは出産育児一時金が、死亡したときは葬祭費が支給されます。

海外療養費の支給申請

海外療養費の支給申請には、次の添付書類が必要です。

  • 旅券、航空券その他の海外に渡航した事実が確認できる書類の写し
  • 調査に関わる同意書
    (海外療養の内容を現地医療機関などに照会する際に必要です。海外療養を受けた方の同意書をご提出ください。)

保険証が使えないとき

次のようなときには、保険証が使えません。

  • 健康診断や予防注射、正常な妊娠・出産、美容整形など、病気とみなされないもの
  • 仕事上の病気やけが(労災保険の対象になります)
  • 故意の犯罪行為や故意の事故、けんかや泥酔による病気やけが

ダウンロードできる書類・文書

問い合わせ

健康福祉課 国民健康保険・後期高齢者担当
〒844-0027 佐賀県西松浦郡有田町南原甲664番地4
電話:0955-43-2182 ファックス:0955-43-2301