田代家文書を読む会

昨日で秋の陶磁器まつりも終了しました。今年は特に来町者の皆様が多かったように感じました。23日(金・祝)も、町中の小路庵でトークショー「なます皿の旅路」が開催されたのですが、駐車場探しに奔走してしまいました。

 

さて、昨年から始まった「田代家文書を読む会」も今月で21回目になりました。月一の開催ですから1年以上が経過しました。当初、田代家の子孫である佐世保市在住の田代さんから、「折角先祖が残してくれた資料がこんなにたくさんあるのに、読めないのが残念。何とか読めるようになりたい」という熱心な思いから始まったものです。その後、福岡からも参加希望があって、現在7人の方が毎回熱心に読み進めていらっしゃいます。

CIMG0245-1 CIMG0246-2

8月に九州陶磁文化館で開催された「有田の豪商展」でも、この田代家文書は大きな役割を果たしてくれましたし、田代家から有田町へ寄贈された建物「旧田代家西洋館」が過日、国の重要文化財指定の答申を受けるに至った経緯でも、田代家が保存されてきた資料、古文書が威力を発揮したところです。まだまだ、すべての資料を読み解くには膨大な時間が必要ですが、町内の有志の皆さんがこの「読む会」を継続していただくことで新たな史実がわかってくるものと思っています。(尾)H30.11.26

問い合わせ

文化財課 歴史民俗資料館
〒844-0001 佐賀県西松浦郡有田町泉山一丁目4番1号
電話:0955-43-2678 ファックス:0955-43-4185

アンケート

このページの内容は分かりやすかったですか?

      

このページは見つけやすかったですか?