有田シニア教室

先週12日(火)、有田町公民館主催の「有田シニア教室」が開催されました。今年度最後ということで、不肖(尾)がトリをつとめさせていただきました。登録された受講生40人のうち、男性は4名。ナント9割は女性でしたし、公民館長からは「幕末明治期の女性たち」に関する話をという希望がありましたので、テーマを「明治期の有田おんな~逞しきはおんなたち」としました。

 

世の中、元気な人は女性が多いし、積極的に外へ出かけて知識欲、学習意欲も高いとは知っていましたが、改めてその実態を見せていただきました。そんな元気なシニア世代に何をお話ししようかとしばらく迷いましたが、やっぱり「有田おんな」の逞しさを中心として資料に基づきお話ししたところです。

 

ところで、過日、神戸市在住の星野鐘雄さん(深川六助令孫)が来館。星野さんは兵庫佐賀県人会の会長を務められていて、先日の同会「新年の集い」の折に、現在の井戸敏三兵庫県知事も参加されたそうです。井戸知事は以前、佐賀県庁に勤務されたことがあって、佐賀に対する思いも人一倍だそうです。そこで詠まれた歌を紹介していただきました。

「久方の有田の里の陶磁器のつくるを見ればなつかしさ覚ゆ」

有田出身ではなくとも、有田に対する思いを強く抱いていただく方々も多いことに感謝です。 (尾)H31.3.18

問い合わせ

文化財課 歴史民俗資料館
〒844-0001 佐賀県西松浦郡有田町泉山一丁目4番1号
電話:0955-43-2678 ファックス:0955-43-4185

アンケート

このページの内容は分かりやすかったですか?

      

このページは見つけやすかったですか?