小麦の家

2009年12月1日更新

地域で生かされ地域で生きる

 伊万里市東山代町の旧ポリテクセンター内にある「小麦の家(就労継続支援B型事業所)」は、障害がある子を持つ親が中心となって知的障害者の自立を目指し発足しました。平成19年度からは地域活動支援センターとして活動し、平成21年4月からは障害者就労支援施設となりました。利用者は、仲良く元気にクッキー・ケーキの製造販売や特定信書便事業の作業に励んでいます。

クッキー・ケーキの製造販売

 土日を除く毎日、佐賀県産の小麦粉に、伊万里の特産品の梨・黒米・金柑・梅等を使った無添加のケーキ・クッキーを利用者みなさんが協力して製造・販売しています。筆を使った味わいのある商品名や挿し絵も利用者が記入しており、商品の袋に貼るとお洒落感が増します。無添加の焼き菓子は次第に評判となって、コンスタントに売れ上げを伸ばし、祭事仏事の引き菓子や、最近は結婚式のドラジェにも使われています。企業のお土産に、伊万里の香りと風をお贈りください。

 作った商品は自分たちで販売に出かけます。販売は地域の方とふれあうチャンスでもあります。

特定信書便事業

 平成19年度から新しく始めた事業が郵便配達の一部である特定信書便事業です。伊万里市からの委託事業で、土日を除く毎日、一日千通を超える市の郵便物を伊万里郵便局へ届けたり、市の出張所や5箇所の公民館、区長さん宅へ公文書を送達しています。当時、NPOとして全国初のこの取り組みは他の自治体から視察が相次ぐなど注目を集めています。クッキー・ケーキの製造販売の場合は、自分たちが時間を決めて自由に活動してきましたが、信書便事業の場合は、一般の人と同じように決められた時間に決められた時間の中で仕事をしなければいけないので、障害者の方の一般就労に向けても貴重な経験であると思っています。

 特定信書便事業への挑戦が実を結び、この2年間で利用者の平均賃金が以前と比べて56パーセント増の月額18,000円となっています。工賃アップというのは障害者の自立のためにも大事なことですので、今後もがんばっていきたいと思いますし、地域社会で人と人との関わりを持つことで、より自信と仕事への意欲を高めていきたいと思っています。

名称 小麦の家(就労継続支援B型事業所)
住所 伊万里市東山代町里359-4
TEL 0955-28-2386
主な作業内容 クッキー・ケーキの製造販売、特定信書便の集配
利用者 17人(職員8人)
担当者 片岡 洋子

問い合わせ

健康福祉課 福祉担当
〒844-0027 佐賀県西松浦郡有田町南原甲664番地4
電話:0955-43-2237 ファックス:0955-43-2301