陶器市・泉山磁石場 みどり坂タウンQの南側丘陵地には、窯業を中心とした工業団地や住宅団地があり、今や有田焼観光拠点の1つ「有田焼卸団地」や、将来の有田焼産業を創造する「佐賀県窯業技術センター」もここにあります。

有田焼は江戸時代初期に、日本で初めての磁器がこの町で焼かれ、その後、佐賀藩が磁器生産と販売を支配し、日本の磁器生産の中心産地「有田皿山」として栄えてきた所です。

佐賀藩は有田皿山を内山と外山に区分し、代官所や番所を配置して陶石の持ち出しと製品の品質管理、住民の出入りも厳しく監視していました。その技術が他藩 に漏洩するのを防ぐ策として、内山地区では製造工程ごとに分業制が敷かれ、皿山全体が1つの窯元のようなまちづくりを展開していました。現代の有田町でも、この歴史景観を大切に育てています。

街のあちこちに煙突のある工房、絵付けを待つ生地製品を干乾しする光景、色とりどりの器が並ぶ陶磁器店など、街の景観も独特です。
有田内山と外山の窯元や店めぐり。有田焼の歴史や、器に描かれた伝統的な様式美、そして現代的感覚のデザインなど、やきものファンの知的好奇心を刺激します。

有田町案内マップ