○生涯スポーツにおける全国等出場補助金交付要綱

平成18年3月1日

告示第51号

(趣旨)

第1条 町長は、生涯スポーツの振興を図るため、町内に在住する者が全国又は九州大会等(以下「大会」という。)に出場する場合の経費に対し、予算の範囲内において補助金を交付することとし、その補助金については、有田町補助金等交付規則(平成18年有田町規則第51号)及びこの要綱に定めるところによる。

(交付の対象者)

第2条 補助金の交付の対象となるものは、生涯スポーツ活動として大会に出場する団体及び個人で、次の各号のいずれかに該当するものとする。ただし、団体にあっては、社会教育関係団体として認められるものに限る。

(1) 県予選会又は地区大会等を経て、大会に出場する資格を取得した団体又は個人

(2) 県等の団体から推薦があって、大会に出場する資格を取得した団体又は個人

(3) 前2号に掲げるもののほか、町長が特に必要と認める団体又は個人

(補助対象期間)

第3条 補助金の交付の対象となる期間は、主催者が開催要項等で定めた期間とする。ただし、宿泊を要すると認められる場合は、当該期間に前後1日を加算することができる。

2 国外大会における補助対象期間については、その都度協議するものとする。

(補助対象人員)

第4条 補助金の交付の対象となる人員は、主催者が開催要項等で定めた出場資格を有する者とする。

(補助対象経費)

第5条 補助金の交付の対象となる経費は、交通費及び宿泊費とする。

2 前項の経費について、割引等の通用及び主催者その他の関係機関からの負担金、補助金等の助成がある場合は、これらの額を当該経費から控除するものとする。

3 前各項の規定により算出された経費が3万円に満たない場合は、補助の対象としない。

(補助金の額)

第6条 補助金の額は、前条の規定により算出された補助対象経費合計額の3分の1以内で、1万円以上(1,000円未満の端数が生じた場合は、当該端数は切り捨てる。)の額とし、次に掲げる区分に応じ、当該各号に定める額を限度とする。

(1) 国内における大会 10万円

(2) 国外における大会に個人で出場する場合 10万円

(3) 国外における大会に団体で出場する場合 30万円

(書類の経由)

第7条 この要綱の規定により提出する書類は、次によるものとし、有田町教育委員会を経由するものとする。

(1) 全国及び九州大会等出場に対する補助金交付申請書(様式第1号)

(2) 全国及び九州大会等出場に対する補助金交付決定通知書(様式第2号)

(3) 全国及び九州大会等出場に対する補助金実績報告書(様式第3号)

(4) 全国及び九州大会等出場に対する補助金交付請求書(様式第4号)

附 則

(施行期日)

1 この告示は、平成18年3月1日から施行する。

(経過措置)

2 この告示の施行の日(以下「施行日」という。)の前日までに、合併前の生涯スポーツにおける全国及び九州大会等出場補助金交付要綱(平成5年西有田町訓令第5号。以下「合併前の要綱」という。)の規定により交付の決定を受けた補助金については、なお合併前の要綱の例による。

3 施行日の前日までに、合併前の要綱の規定によりなされた決定、手続その他の行為は、この告示の相当規定によりなされた決定、手続その他の行為とみなす。

附 則(平成21年告示第61号)

この告示は、平成21年6月29日から施行する。

画像画像

画像

画像画像

画像

生涯スポーツにおける全国等出場補助金交付要綱

平成18年3月1日 告示第51号

(平成21年6月29日施行)