○有田町職員再任用取扱要綱

平成27年3月31日

告示第29号

(趣旨)

第1条 この要綱は、有田町職員の再任用に関する条例(平成18年有田町条例第20号。以下「条例」という。)に基づく定年退職者及び定年退職者に準ずる者(以下「定年退職者等」という。)の再任用の取扱いに関し、必要な事項を定めるものとする。

(再任用の申請)

第2条 定年退職後に継続して再任用を希望する者は、定年退職日の属する年度の5月末日までに任命権者に、定年退職に準ずる者で再任用を希望するものは、町長が別に定める日までに再任用申請書(様式第1号)を提出しなければならない。

(再任用候補者名簿の作成)

第3条 前条の申請を受けた場合には、再任用候補者名簿(様式第2号)を作成し、再任用を希望する者の氏名、希望する職種、その者の有する資格等必要な事項を登録する。

(再任用の決定等)

第4条 任命権者は、再任用候補者名簿に登載されている者の中から、その者の有する資格、従前の勤務実績等を総合的に勘案して選考を行うものとする。この場合において、任命権者は、当該選考について町長と協議することができる。

2 任命権者は、前項の規定による選考を行い、再任用の採用又は不採用を決定したときは、再任用採用決定通知書(様式第3号)又は再任用不採用決定通知書(様式第4号)により、申請者に通知するものとする。

(任期)

第5条 再任用の決定を受けた者の再任用日は、次年度の初日とし、任期は1年とする。ただし、特別な事情があると認められる場合の再任用日については、この限りでない。

(職務の級)

第6条 再任用職員の職務の級は、行政職については、有田町職員の給与に関する条例(平成18年有田町条例第39号)第4条別表に掲げる行政職給料表に、技能労務職については、有田町技能労務職員の給与に関する規則(平成18年有田町規則第33号)第2条別表第1に掲げる技能労務職給料表にそれぞれ格付けするものとし、職務の級の決定については、別表に定めるところによるものを原則とする。

(任期の更新)

第7条 再任用の任期の更新(以下「更新」という。)を希望する再任用職員は、毎年9月末日までに任命権者に対して再任用更新申請書(様式第5号)を提出するものとする。

2 前項の申請があった場合は、任命権者は、更新直前の任期における勤務の実績等に基づき、更新の可否の決定をするものとする。この場合において、任命権者は、当該決定について町長と協議することができる。

3 任命権者は、更新の可否を決定したときは、再任用更新決定通知書(様式第6号)又は再任用任期不更新通知書(様式第7号)により、再任用職員に通知するものとする。

4 条例第3条第2項に規定する職員の同意は、再任用職員から再任用更新同意書(様式第8号)の提出を受けるものとする。

(配属先の決定)

第8条 任命権者は、第4条又は第7条の規定により再任用の採用及び更新を決定した場合は、町長と協議し、再任用職員の配属先を決定するものとする。

2 配属先を決定するに当たり、再任用職員が任命権者から指定された配属先に同意しない場合は、再任用決定取消通知書(様式第9号)により再任用に係る採用の決定を取り消すことができるものとする。

(補則)

第9条 この要綱の施行に関し必要な事項は、別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この告示は、平成27年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この告示の施行の日の前日までになされた再任用に係る手続その他の行為は、それぞれこの告示の相当規定によりなされた手続その他の行為とみなす。

附 則(平成28年告示第105号)

(施行期日)

1 この告示は、平成29年4月1日から施行する。

(有田町専門員設置要綱の廃止)

2 有田町専門員設置要綱(平成27年有田町告示第30号)は、廃止する。

別表(第6条関係)

区分

退職時の職務の級

再任用後の職務の級

行政職

6級及び5級

3級

4級以下

2級

技能労務職

5級及び4級

2級

3級以下

1級

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

有田町職員再任用取扱要綱

平成27年3月31日 告示第29号

(平成29年4月1日施行)