​​​​第117回有田国際陶磁展 応募作品を募集します

次回で117回目となる陶磁展。昨年、5年振りに有田町の作家、窯元が両部門の大賞を受賞しましたが、九州山口だけでなく、他の国内産地からも作品が集まるようになり、質の高い作品による競演となりました。

例年、4月上旬に作品を募集し、G.W.に展示合わせ展示を行っています。日本で最も歴史ある陶磁展として、井上萬二氏や(故)青木龍山氏など名だたる方が若い頃に出品され、若手の登竜門とも位置付けられています。

次回も多くの方の作品をお待ちしています。

有国展HPトップ

➡出展のご案内

応募条件 募集要項をご参照ください
部門 美術工芸品・オブジェ部門、産業陶磁器部門 の2部門を設けています
賞 佐賀県知事賞 ほか多数の賞を設けています
主催 佐賀県・有田町・有田商工会議所
協賛 有田焼卸団地協同組合、佐賀県陶芸協会、佐賀県陶磁器商業協同組合、佐賀県陶磁器工業協同組合、肥前陶磁器商工協同組合
会場
美術工芸品・オブジェ部門➡佐賀県立九州陶磁文化館
産業陶磁器部門➡佐賀県陶磁器工業協同組合
問い合わせ先 有田国際陶磁展事務局(有田町商工観光課内)Tel:0955-46-2500

産業陶磁器部門の会場移転について

平成30年(2018年)第115回より、有田国際陶磁展(旧:九州山口陶磁展)の産業陶磁器部門会場を、有田商工会議所の移転に伴い佐賀県陶磁器工業協同組合】へ移転しました。旧会議所建物は、昭和44年(1969年)から50年間、会場として使用してきました。

平成31年(2019年)に取り壊されましたが、これまで多くの方にご出品いただき、数々の審査を行ってきた有田商工会議所旧館に感謝します。

有田国際陶磁展会場 地図