有田町空家等対策計画

計画策定の背景と目的

 人口減少や既存建築物の老朽化、社会ニーズの変化等に伴い、「空家等」が年々増加しており、安全性の低下や公衆衛生の悪化、景観の阻害等多岐にわたる問題が生じています。今後、空家等の数が増加すれば、これらの問題が一層深刻化することが懸念されます。

 こうした状況を背景として、平成26年11月27日に「空家等対策の推進に関する特別措置法」が公布されました。本町においては、法の公布に先行し、平成24年6月22日に「有田町空家等の適切な管理に関する条例」を施行し、空家等の問題に取り組んできました。これらを踏まえ、町民の生活環境の保全を図るとともに、空家等の活用を促進することを目的として「有田町空家等対策計画」を策定しました。

計画期間

平成30年度から平成34年度までの5年間とします。

ただし、社会情勢の変化などにより、必要に応じて見直します。

対象地区

有田町全域を対象とします。

対象とする空家等の種類

空家等対策計画の対象とする空家の種類は、法第2条第1項で規定する「空家等」(「特定空家等」を含む。)とします。

関連ファイル

有田町空家等対策計画[PDFファイル:592 KB]

問い合わせ

有田町役場 総務課
〒849-4192 佐賀県西松浦郡有田町立部乙2202番地
電話:0955-46-2111(代表) ファックス:0955-46-2100

アンケート

このページの内容は分かりやすかったですか?

      

このページは見つけやすかったですか?