電気ストーブや電気こたつの火災に注意しましょう! -火を使わない電気ストーブや電気こたつでも火災が発生しています-

 一年で一番寒い時期を迎えています。

この時期は、電気ストーブや電気こたつによる火災が最も多く発生する時期です。

高齢者のいるご家庭では特に使い方に注意し、ご家族による見守りをお願いします。

 

 総務省消防庁によると、平成26 年から平成30 年までの5年間に電気ストーブによる火災は2,442 件、電気こたつによる火災は192 件発生しています。

平成30 年は、電気ストーブと電気こたつによる火災が合わせて493 件発生し、死者が67 人、負傷者は213 人でした。

特に65 歳以上の高齢者で死者および負傷者が多くなっており、高齢者が使用する際には十分な注意が必要です。

主な事故例

消費者庁に寄せられた事故情報より、特に誤った使用方法により事故が発生したと思われる事例を紹介します。

(1)電気ストーブ

≪事例1≫

電源を切ってから、電気ストーブの上にバスマットをかけていたところ、発煙、発火し、周辺を焼損した。(事故発生年月:平成26 年3月)

≪事例2≫

電気ストーブの近くで洋服を乾かしていたところ、温度が上がりすぎて洋服が黒く焦げてしまい、とても危ない思いをした。製品に問題があるのではないか。(事故発生年月:平成31 年1月)

(2)電気こたつ

≪事例3≫

後で使用しようと思い、こたつ布団を卓の中に入れてスイッチを入れておいた。10分ほどしてから中に入ろうとしたら熱くなっており、こたつ布団が焦げていた。妻は足が悪いので、つまずかないようにとこたつ布団はいつも卓の中に入れている。(事故発生年月:平成31 年2月)

≪事例4≫

こたつのスイッチを「強」に入れたら1時間も経たないうちに、座椅子を焦がしてしまった。座椅子がこたつの中で傾き、ヒーターユニットの部分に接触していたのではと思うが、長時間使用していたわけではない。(事故発生年月:平成30 年2月)

≪事例5≫

10 年ほど使用したこたつから、使用中に焦げた臭いがしたのでこたつの中をのぞいてみたところ、ヒーターユニットの下のこたつ敷きが3センチほど焦げていた。おそらくヒーターユニットにほこりがたまりそれが燃えて落下したのかもしれない。(事故受付年月:平成27 年5月)

 

 消費者庁に寄せられた事故事例を見ると、電気暖房器には裸火がないため火災は発生しにくいだろうという油断や誤解があり、電気ストーブや電気こたつで洗濯物を乾燥させていたり、ヒーターに布団や座椅子が接触していたりして、火災が発生していました。

事故防止のためのアドバイス

電気ストーブや電気こたつの使用に当たっては、火災につながる危険性の高い、次のような点に注意しましょう。

電気ストーブ・電気こたつ共通

(1)就寝時、外出時やその場を離れるときは電源を切り、電源プラグをコンセントから抜いておきましょう。

 ペットが可燃物をストーブ近くに運んだり、ロボット掃除機が電気ストーブを押して可燃物に接触させたりして、火災になった事例もあります。使用後やその場を離れる際は、必ず電源プラグを抜いておきましょう。

(2)洗濯物の乾燥等には使用しないようにしましょう。

(3)スプレー缶やライター等を近くに置かないようにしましょう。

(4)ヒーター部分のお手入れをして、ほこりやごみが付着したまま使用しないようにしましょう。

電気ストーブ

(5)壁や燃えやすいものから離して使用しましょう。

電気こたつ

(6)布団や座布団、座椅子をこたつの中に押し込まないようにしましょう。

 布団や座椅子がヒーターに接触すると発火し、火災の原因となります。衣類や座布団をこたつの中に入れるのも同じく危険です。

詳しくは

消費者庁 公式Twitter

https://twitter.com/caa_shohishacho

アンケート

このページの内容は分かりやすかったですか?

      

このページは見つけやすかったですか?