令和2年度から個人町県民税と固定資産税の前納報奨金制度を廃止します

前納報奨金制度は昭和25年、戦後の混乱した経済情勢の中で、税収の早期確保と納税意識の向上を目的として導入されました。

個人の町県民税及び固定資産税の納税者が、第1期の納期までに年税額を一括して納めた場合、前納額に対して一定の率を乗じた額を報奨金として交付していましたが、令和2年度からこの制度を廃止します。

これまで、この制度を利用し、早期に納付していただいた皆様には制度廃止へのご理解と、引き続き納期内納付へのご協力をお願いいたします。

なお、前納報奨金制度は廃止しますが、これまで同様、納付書または口座振替により一括で納付することはできます。

廃止の主な理由

  • 口座振替やコンビニ納付などの普及により納税機会の拡大が図られたことにより自主納付が浸透し、制度導入時の目的は達成されており、多くの自治体で廃止されている。
  • 個人町県民税においては、制度を利用できない特別徴収者(給与や年金から天引きされる方)が年々増加しており、納税者間に不公平感がある。
  • 全額一括納付が困難な納税者は、制度の適用が受けられない など

口座振替をご利用の方へ

全期前納から期別納付(年4回)に変更される場合は、事前に手続きが必要です。町内の金融機関を利用されている方は、各店舗に備え付けてある「有田町収納金等口座振替依頼書」にて変更手続きをお願いします。町外の指定金融機関を利用されている方は、税務課までお問い合わせください。

令和2年度から変更される場合は、3月中旬までに手続きをお願いします。

※届出がない場合は、これまでと同じ方法で口座振替をします。

納付書をご利用の方へ

変更手続きは必要ありません。全期前納(報奨金なし)または期別のいずれかで納付してください。バーコードが付いている納付書は、コンビニエンスストアやスマートフォン決済(さぎんPayB)でも納付できます。

問い合わせ

有田町役場 税務課
〒849-4192 佐賀県西松浦郡有田町立部乙2202番地
電話:0955-46-2736 ファックス:0955-46-2100

アンケート

このページの内容は分かりやすかったですか?

      

このページは見つけやすかったですか?