新型コロナウイルスに関連した消費トラブルにご注意ください!

新型コロナウイルス 正確な情報をもとに冷静な対応を

 新型コロナウイルスに便乗した消費者トラブルの相談が全国の消費生活相談窓口に寄せられています。

「行政から委託された」という業者などからの怪しい電話や訪問、心当たりのない送信元からの怪しいメール・SMSなど、怪しい・おかしいと思うものには反応しないようにしましょう。

全国の相談窓口に寄せられた相談内容

事例1

 突然自宅を訪問してきた業者から、「新型コロナウイルス流行拡大の影響で金の相場が上がることは間違いない。すぐに金を買う権利を申し込んだほうがいい」と勧誘された。(80歳代 男性)

事例2

 業者から「新型コロナウイルスの感染を防ぐために、行政からの委託で消毒に回っている」と電話があった。翌日も同じ業者から電話があり「新型コロナウイルス感染防止の資料を持参したい」と言われた。(80歳代 女性)

事例3

「新型コロナウイルスによる肺炎が広がっている問題で、マスクを無料送付する。確認をお願いします。」と記載され、URLがついたSMSがスマートフォンに届いた。(50歳代 女性)

一人で悩まずご相談ください

  • 少しでもおかしいと感じた場合や、トラブルに遭った場合は、消費生活相談窓口にご相談ください。
  • 今後、新たな手口が現れる可能性があります。国民生活センターでは新型コロナウイルスに関連した情報発信を行っています(「国民生活センター コロナ」等で検索)。根拠のないうわさなどに混乱せずに、正確な情報に基づいて冷静に対応することが大切です。

詳しくはこちらをご確認ください

独立行政法人 国民生活センター

http://www.kokusen.go.jp/

お問い合わせ、相談先

有田町消費生活相談 0955-43-2105(東出張所)

佐賀県消費生活センター 0952-24-0999

消費者ホットライン (局番なし)188

アンケート

このページの内容は分かりやすかったですか?

      

このページは見つけやすかったですか?