西地区の遺跡 ~4~

前回までに坂の下遺跡第1次調査のご紹介をしましたので、本日からは第2次調査に移ります。

 

坂の下遺跡の第1次調査では、縄文時代の食料の貯蔵穴群遺構を確認できました。しかし、当初の目的であった住居跡の発見には至らなかったため、第2次調査においても、引き続き貯蔵穴に関連する住居跡の確認に重点が置かれ、貯蔵穴の構造の把握も進められました。出土遺物(土器・石器・動植物遺存体)については、年代や用いられている技法の解明、使用用途の考察などが行われ、そのほか、理化学分析なども活用されたようです。

 

第2次調査は、昭和45年(1970)11月17日~21日に事前に予備調査を行ったのち、同年12月15日~24日までの10日間、本調査が実施されています。予備調査では、第1次調査の調査区の東側周辺を中心に、幅1m、長さ3〜30mの11か所の試掘坑(1T〜11T:Trench)を設定し、遺跡の概略の把握が行われました。そして、その結果をもとに、第1次調査地点の東側に接して新たに調査区を設定し、本調査が実施されています。

 

坂の下遺跡第2次調査
第2次調査区設定位置図

 

その結果、第1次調査同様に11基の貯蔵穴が新たに確認されています。出土遺物も調査面積が増えた分相当な量に及んだようで、種類としては、石器・土器・木の実・木器・編物などが出土しています。

それでは、次回から第2次調査の詳細について紹介していくことにします。

(伊)R2.6.18

問い合わせ

文化財課 歴史民俗資料館
〒844-0001 佐賀県西松浦郡有田町泉山一丁目4番1号
電話:0955-43-2678 ファックス:0955-43-4185

アンケート

このページの内容は分かりやすかったですか?

      

このページは見つけやすかったですか?