新型コロナウイルス感染症の流行に伴う後期高齢者医療保険料の減免について

 新型コロナウイルス感染症の影響により、世帯主が死亡した場合や、世帯主の収入が一定程度減少した場合に、後期高齢者医療保険料を減免します。

保険料の減免の対象となる方

  1. 新型コロナウイルス感染症により、世帯主が死亡または重篤な傷病を負った世帯の方

    ⇒保険料を全額免除
 

  1. 新型コロナウイルス感染症の影響により、世帯主の収入減少が見込まれる世帯で、
    次の(1)から(3)までの全てに該当する世帯の方

  (1)世帯主の事業収入、不動産収入、山林収入、給与収入のいずれかが、
     前年に比べて10分の3以上減少する見込みであること
  (2)世帯主の前年の所得の合計額が1000万円以下であること
  (3)世帯主の収入減少が見込まれる所得以外の前年の所得の合計額が
     400万円以下であること

         ⇒保険料の全額または一部を減額

減免対象の保険料

  • 令和3年度分の保険料であって、令和3年4月1日から令和4年3月31日までの間に 普通徴収の納期限(特別徴収の場合にあっては特別徴収対象年金給付の支払日)が設定されているもの
  • 令和2年度相当分の保険料額であって、令和2年度末に資格を取得したこと等により令和3年4月以後に普通徴収の納期限が到来するもの

申請に必要な書類

  1. 新型コロナによる世帯主の死亡、重篤の場合

   ・減免申請書

   ・医師の診断書

  1. 新型コロナの影響により世帯主の事業収入等の減少が見込まれる場合

   【令和3年度分を申請する場合】

   ・減免申請書

   ・収入の減少に関する申出書

   ・収入状況申告書

   ・前年の収入が分かるもの

   ・収入減少が見込まれる事業等の実績がわかるもの

   ・事業所証明書 ※給与が減少した方、解雇された方のみ提出が必要

   ・事業廃止届(コピー)※事業を廃止した方のみ提出が必要

   ・国や県等から支給される各種給付金がある場合は、その内訳がわかる資料

 

   【令和2年度相当分を申請する場合】

   ・減免申請書

   ・収入の減少に関する申出書

   ・収入状況申告書

   ・前年の収入が分かるもの

   ・収入減少が見込まれる事業等の実績がわかるもの

   ・事業所証明書 ※給与が減少した方、解雇された方のみ提出が必要

   ・事業廃止届(コピー)※事業を廃止した方のみ提出が必要

 

※収入の比較対象について

 令和3年度相当の保険料を減免する場合 令和2年の収入と令和3年中の収入の見込みを比較する。

 令和2年度相当(令和3年度賦課)の保険料を減免する場合 令和元年中と令和2年中の収入を比較する。

 

以下のリンクより、佐賀県後期高齢者医療広域連合のホームページをご覧ください。

https://www.saga-kouiki.jp/main/1247.html

 

問い合わせ

有田町役場 税務課
〒849-4192 佐賀県西松浦郡有田町立部乙2202番地
電話:0955-46-2736 ファックス:0955-46-2100

アンケート

このページの内容は分かりやすかったですか?

      

このページは見つけやすかったですか?