熱中症予防と新型コロナ感染防止の両立を

 暑さの厳しい時期を迎えます。新型コロナウイルス感染防止の3つの基本である ①身体的距離の確保 ②マスクの着用 ③手洗いの実施や「3密(密集、密接、密閉)」を避ける「新しい生活様式」と、「熱中症予防」を両立させましょう。

 

●屋外で人と2m以上離れているときはマスクを外しましょう。

●マスク着用時には、激しい運動は避けましょう。

●暑さを避けましょう。

  • 涼しい服装、日傘や帽子を活用しましょう
  • 少しでも具合が悪くなったら、涼しい場所へ移動しましょう
  • 涼しい屋内に入れなければ、外でも日陰へ入りましょう

●のどが渇いていなくても、こまめに水分補給をしましょう。

  • 水分は1日あたり1.2Lを目安に取りましょう
  • 1時間ごとにコップ1杯の水分摂取が目安です
  • 入浴前後や起床後も、まずは水分補給をしましょう
  • 大量に汗をかいた時は、少し塩分も取りましょう

●エアコン使用中もこまめに換気をしましょう。

  • 窓とドアなど2か所を開けて風を通しましょう
  • 扇風機や換気扇を併用すると効果的に換気ができます
  • 換気中もエアコンを止める必要はありません
  • 換気後は、エアコンの温度をこまめに再設定しましょう

●暑さに備えた体づくりと、日ごろから体調管理をしましょう。

  • 暑くなり始めの前の時期から、無理のない範囲で適度に運動をしましょう
  • 毎朝など、定時に体温測定と体調チックをしましょう
  • 体調が悪い時は、無理をせず自宅で静養しましょう

 

<知っておきたい熱中症に関する大切なこと>

  • 熱中症による死亡者数は、真夏日(30℃)から増加しています。35℃を超える日は特に注意が必要で、運動は原則禁止し外出はなるべく避けま しょう。
  • 熱中症の死亡者の約8割が高齢者ですが、若い世代も注意が必要です。
  • 高齢者の熱中症は、半数以上が自宅で発生しています。高齢者は自宅を涼しくして過ごし、若い世代は屋外での作業や運動中に注意が必要です。

 

高齢者、子供、障害者の方々は、熱中症になりやすいので十分に注意しましょう。

周囲の方からも積極的な声かけをお願いします。

 

 

問い合わせ

健康福祉課 保健担当
〒844-0027 佐賀県西松浦郡有田町南原甲664番地4
電話:0955-43-5065 ファックス:0955-43-2301

アンケート

このページの内容は分かりやすかったですか?

      

このページは見つけやすかったですか?