【新型コロナウイルス感染症の影響を受けた生産者の皆様へ】 高収益作物次期作支援交付金のご案内

国では、新型コロナウイルスの感染拡大により収入が減少するなどの影響を受けた高収益作物(野菜・花き・果樹・茶)について、次期作に前向きに取り組む生産者を支援します。

対象となる生産者

令和2年2月~4月の間に、野菜・花き・果樹・茶の出荷実績がある、または廃棄等により出荷できなかった生産者

※5月以降に出荷を開始した方も今後対象となる場合がありますので、お申し出ください。

支援内容

(その1)野菜・花き・果樹・茶の次期作に向けた取り組みに対する支援

支援単価

基本単価 10アール当たり5万円(中山間地域では1割加算)
施設栽培のうち高集約型品目の単価
  • 施設栽培の花き、大葉、わさび 10アール当たり80万円
  • 施設栽培のマンゴー、おうとう、ぶどう 10アール当たり25万円

※対象施設…加温装置(空調装置)またはかん水装置がある施設(いわゆる雨除けハウスを除きます)

対象となる取り組み例

  • 生産・流通コストの削減の取組
  • 種苗、肥料、農薬等の資材の購入
  • 土壌改良資材の投入
  • 自動環境制御装置の活用
  • 作業環境の改善の取組
  • 事業継続計画の策定 など

(その2)新たな需要確保への取り組みに対する支援

支援単価

次期作に向けた下記の(1)~(3)のいずれかの取り組みを行う場合に、取り組み1つにつき、10アール当たり2万円を支援します。(中山間地域等では1割加算)

対象となる取り組み

(1)新たに直販等を行うためのHP等の整備

(2)新品種・新技術の導入等に向けた取組

(3)海外の残留農薬基準への対応または有機農業・GAP等の取組

※2万円/10a × 取組数(3取組((1)(2)(3)全て)で、最大6万円/10a)

(その3)高品質なものを厳選して出荷する取り組みに対する支援

支援単価

花き、茶、施設栽培の大葉、わさび、マンゴー、おうとう、ぶどう

※都道府県から国への協議により、都道府県単位で対象品目が追加される場合があります。

※施設栽培のうち、いわゆる雨よけハウスは除きます。

対象となる取り組み

(花きの取組例)

  • フラワーネット張りの調整
  • 芽かき・摘花・整枝
  • 冷蔵貯蔵等による出荷調整 など

(茶の取組例)

  • 被覆作業の実施
  • 化粧ならし・遅れ芽除去
  • 荒茶の分別製造調整 など

申請締切

8月7日(金)までに下記相談窓口へご相談ください。

※8月7日(金)以降も随時ご相談を受け付けます。

相談窓口

JAへ出荷している生産者の方

JA伊万里 果樹園芸課 TEL:0955-23-5560

その他の生産者の方

有田町役場 農林課 TEL:0955-46-5616

関連リンク

詳しくは、農林水産省ホームページ「高収益作物次期作支援交付金」をご覧ください。

https://www.maff.go.jp/j/seisan/ryutu/engei/jikisaku.html

アンケート

このページの内容は分かりやすかったですか?

      

このページは見つけやすかったですか?