0~1歳児のベッドからの転落事故に御注意ください!

 頭部を負傷する事故に加え、窒息事故も報告されており、ベビーベッドの安全基準が見直されています。

 6歳以下の子どもが、主に就寝時などに大人用ベッドやベビーベッドから転落することにより負傷または窒息する事故報告が、医療機関から消費者庁へ寄せられており、平成27 年1月から令和2年9月末までに、計912 件の報告がありました。

 中でも0歳児が534 件、1歳児が160 件と多くを占めていました。

対策

 数十センチメートルの高さのベッドでさえも、転落すると、頭蓋骨骨折や頭蓋内損傷のおそれがあります。

 また、ベッドと壁や物との間に頭が挟まれるなどして窒息するケースもあり、場合によっては命を落とす危険性があります。

 転落事故防止のため、0~1歳児は、大人用ベッドに寝かせるのではなく、できるだけベビーベッドに寝かせましょう。

 ベビーベッドは、常に柵を上げて使用し、収納扉がロックされていることを必ず確認しましょう。

 なお、令和元年11月15日付けで、消費生活用製品安全法の特別特定製品であるベビーベッドの適合性検査の実施に当たり、新基準が適用されています。旧基準の製品を使用する場合は、収納部分の扉のロックが壊れていたら、直ちに使用を中止してください。

詳しくは消費者庁のホームページをご確認ください

 消費者庁ホームページ(リンク)https://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_safety/caution/caution_041/

問い合わせ

有田町東出張所 消費生活相談窓口
〒844-0018 佐賀県西松浦郡有田町本町丙1002番地2 有田町生涯学習センター内
電話:0955-43-2105

アンケート

このページの内容は分かりやすかったですか?

      

このページは見つけやすかったですか?