有田陶磁美術館

施設概要

美術館外観

 有田陶磁美術館は昭和29年(1954)に開館しました。建物は明治7年に建てられた焼き物倉庫を利用したもので、外壁は石蔵で内部が木造二階建てです。開館当時、町内はもとより県内にも美術館・博物館施設は少なく、県内外からたくさんの来館者を迎えました。

 現在、1階の入り口で来館者を迎えているのは佐賀県重要文化財の「染付有田皿山職人尽し絵図大皿」です。これは江戸時代の有田皿山を活写した資料として、多くの媒体で紹介されてきましたが、今でも当館の「看板娘」としてその地位は不動のものとなっています。

 当館では1階では江戸時代初期から古伊万里様式、柿右衛門様式などの製品や幕末の製品まで、あるいは佐賀藩の藩窯であった鍋島様式のものを展示しています。2階では明治期から大正時代、また有田町と深い関わりのある中国・景徳鎮やドイツ・マイセン窯の製品も展示しています。

所在地/開館時間

所在地: 〒844-0004 佐賀県西松浦郡有田町大樽1-4-2
開館時間:午前9時〜午後4時30分

休館日

月曜日 ただし、陶器市期間中(4月29日〜5月5日)は開館
年末年始(12月29日〜翌年の1月3日)
※その他、企画展前後の展示替え作業のため、臨時休館する場合があります。

常設展入館料

大 人 個人:100円 団体:60円(20名以上)
大高生 個人:50円 団体:30円(20名以上)
小中生 個人:30円 団体:20円(20名以上)

※障害者手帳をお持ちの方は、本人と同伴者1名の観覧料が無料になります。手帳を掲示してください。

展示解説

団体見学等で、職員による展示解説を希望される場合、事前に来館日時、人数、所要時間等を有田町歴史民俗資料館東館までご連絡ください。
ご連絡がない場合、解説出来ないことがあります。

入館料の免除

県内小中学校による学習活動の一環として見学を希望される場合、入館料を免除することができます。
必ず事前に、来館日時と見学内容を書いた 施設見学依頼書 を、 有田町歴史民俗資料館東館 まで提出してください。

問い合わせ

有田町歴史民俗資料館東館 文化財課
〒844-0001 佐賀県西松浦郡有田町泉山一丁目4番1号
電話:0955-43-2678 ファックス:0955-43-4185