令和6年4月から相続登記が義務化されます

令和6年4月1日から相続登記の申請が義務化されます。
所有者が亡くなったのに相続登記がされないと、登記簿を見ても持ち主がわからず、災害の復興事業や取引を進められないといった問題が起きています。
そこで、所有者不明土地問題を解決するため、相続登記の義務化や相続土地国庫帰属制度など、様々な制度がスタートします。

詳細は、下記の法務省ホームページでご確認ください。

法務省ホームページ(外部サイトへリンク)