水道施設の耐震化向上について

令和元年9月

 有田町水道事業では、平成30年8月に水道施設の耐震診断を終え、その結果を基に、平成31年3月に最大震度7を想定した有田町水道施設耐震化計画を作成しました。

 耐震診断により震度7に耐えられないと診断された竜門配水池および中樽配水池については、耐震化工事等を行い耐震化を確保します。

 管路の耐震化については、平成29年度の集計では約6万メートルの配水管が法定耐用年数を超えており、その更新に膨大な費用が見込まれ立遅れ感が否めませんが、令和2年4月までに「有田町新水道ビジョン」を作成、公表するとともに、これに基づいて少しずつ耐震管への更新を続けていきます。また、「有田町新水道ビジョン」に謳われた目標年度より未来についても長期の更新計画を作成し、重要な管路等から効率よく進めていきます。

問い合わせ

有田町役場 庁舎別館2階 上下水道課(事務)
〒849-4153 佐賀県西松浦郡有田町立部乙2499番地
電話:0955-46-2946 ファックス:0955-46-4005