子どもの定期予防接種

2021年4月23日更新

法令で定められている定期予防接種について、下記のとおり実施します。

対象年齢や接種間隔を守り、体調の良いときに受けてください。

※ 標準的なスケジュールは、「日本の定期/任意予防接種スケジュール」(令和2年10月1日以降)(国立感染症研究所ホームページより引用)をご覧ください。
 

定期予防接種一覧

 

 予防接種の種類

対象者 標準的な接種期間 回数 間隔 備考
ロタウイルス 令和2年8月1日以降に生まれた者 ロタリックス 生後2か月~生後24週0日 2回 27日以上の間隔をあける

・生後6週0日から接種できます

・初回接種は生後14週6日までに受けてください

・同じ種類のワクチンで接種してください

ロタテック

生後2か月~生後32週0日 3回
ヒブ 生後2か月~5歳未満 生後2~7か月未満 初回3回 27日以上の間隔をあける ・接種開始月齢によって、接種回数が異なります
初回3回接種後、7~13か月あける 追加1回 初回3回接種後、7か月以上あける
小児肺炎球菌 生後2か月~5歳未満 生後2~7か月未満 初回3回 27日以上の間隔をあける ・接種開始月齢によって、接種回数が異なります
初回3回接種後、60日以上の間隔をあけて、生後12~15か月未満の間に接種 追加1回 初回3回接種後、60日以上の間隔をあけて、1歳を超えてから接種
四種混合(ジフテリア・百日咳・破傷風・不活化ポリオ) 第1期 生後3か月~7歳半未満 生後3~12か月未満 初回3回 20日以上の間隔をあける  
初回3回接種後、12~18か月未満の間に接種 追加1回 初回3回接種後、6か月以上あける  
二種混合 第2期 11~13歳未満 11~12歳未満 1回    
BCG 1歳未満 生後5~8か月未満 1回    
水痘 1~3歳未満

1回目:生後12~15か月未満

2回目:1回目終了後6~12か月あける

2回 3か月以上(標準的には6~12か月)あける  

麻しん・風しん混合(MR)

1期 1~2歳未満   1回   ・できるだけ早期に接種を行う
2期 就学前1年間にある児(年長児)   1回    
日本脳炎 1期初回 生後6か月~7歳半未満 3~4歳未満 2回 6日以上あける

・平成7年4月2日~平成19年4月1日生まれの方は、20歳未満の間に未接種分を接種することができます

・平成19年4月2日~平成21年10月1日生まれの方は、9~13歳未満の間に、未接種分を接種することができます

1期追加 4~5歳未満 1回 1期初回2回接種後、6か月以上あける
2期 9~13歳未満 9~10歳未満 1回   ・平成7年4月2日~平成19年4月1日生まれの方は、20歳未満の間に未接種分を接種することができます

子宮頸がん

 

※平成25年に厚生労働省の審議会の結果、積極的勧奨差し控えの勧告がなされたため、接種対象者への勧奨を差し控えています

小学校6年生相当~高校1年生相当の女子

2価 中学1年生 3回

2回目:1回目から1か月以上あける

3回目:1回目の接種から5か月以上、かつ2回目の接種から2か月半以上あける

・同じ種類のワクチンで接種してください
4価 3回

2回目:1回目の接種から1か月以上あける

3回目:2回目の接種から3か月以上あける

 

実施場所

 佐賀県内の登録医療機関

 ※ 県内の登録医療機関一覧表(令和3年4月19日以降)

料金

 無料(対象年齢で指定の実施場所で受ける場合)

もっていくもの

  • 母子健康手帳、予診票

留意点

  • 小学生までのお子さんは、原則、 保護者が同伴 してください。
  • 祖父母などが同伴する場合は、 「委任状」 が必要です。
  • 長期の里帰り出産等により、佐賀県外の医療機関で定期予防接種を実施する場合、事前の申請により、その接種費用(有田町が定める金額を上限とする)を償還払いします。必ず、接種する前「区域外での予防接種申請書」を健康福祉課へ提出してください。

 

問い合わせ

健康福祉課 保健担当
〒844-0027 佐賀県西松浦郡有田町南原甲664番地4
電話:0955-43-5065 ファックス:0955-43-2301